GP協会やりたいことロードマップ

作成日時: 2018-10-12 22:04:44
公開終了: -

GP協会理念目標#


理念
今の世の中に上手くついていけていない方、事故や病気で上手く身体が使えない方かといって支援を受けるには厳しいと言うグレーゾーンの方を応援したい

目標
グレーゾーンの方の自分の技能をきちんと企業に示した上で採用されるシステム作り
人材の派遣
企業や周りで働く人への啓発が行える体制作り


ロードマップ#



1ツイッターやブログによる周知活動


人に知ってもらえない事には何も出来ません。
ブログの更新は最低2日に一回
ツイッターは毎日何か呟くように心がけます

1ヶ月に一回はユーチューブ動画を上げます。


2履歴書にQRコードを付けると言うアプローチ

自分の技能をきちんと企業に対して示す事の一環として、自分が出来る事思っている事などをちゃんと伝える事が必要と思っています。
絵が得意ならばpixivや呟いていたり、ブログをやっているならブログのURLを付けると言う事を発信して行きたいです。

GP協会としてはいくつかのURLを一括でQRコードに直す事のできる無料ホームページを作りたいと思っています。





3窓口の設置

埼玉県に喫茶店の開設を考えています。
障害を持つ方や小さなお子さんのいる親が平日土日三時間居られる場所を作りたいと思っています。

電話による相談窓口の開設


4人材派遣と企業へのアプローチ

派遣会社や通信会社との協力を希望しています。

普段使っているスマホの使用アプリや、検索や
興味や知識の詰まっている情報です。
それを人材派遣の基礎として企業に紹介したり、
興味のある分野への的確な斡旋を目標としています。

雇用主さんへ雇った方の適切な扱い方の講習の斡旋。障害関係の講師さんと企業を繋ぐ紹介業務

HSP,発達障害,精神障害の講座を発信するユーチューバーさんへの支援が出来る体制の整備

5雇用問題へのアプローチ

職場の体制を整える事で、本当に障害者雇用法適用されるべき重度障害者の方が守られやすい環境を目指します。

今まで無下に扱われていた時間と知識に価値を見出せるシステム作りを目指します。





融資のお願い#


ポルカ
専用アプリが必要です
App Storeからダウンロードする。
Google Play からダウンロードする。

​GP協会で検索してください
融資いただいたお金は、
グレーゾーンポジティブ協会の
​運営資金として使用させていただきます。

プリング
専用アプリが必要です
App Storeからダウンロードする。
Google Play からダウンロードする。

​GP協会で検索してください