犯罪一家 日本国版


第一話#


俺たちは……仕方なかったんだ。

こんなふうに犯罪に手を染めた理由も。

全て理由があってやったんだ。

地震に、退社・退學。

もう、ドン底に落とされていたんだ。

                  *
「すいません彼のことですが……」

二人の社員、片方は社長のような服。もうひとりは、課長らしき服を著ていた。

「何だ? 」

「あぁ…こちらの書類に」

というと彼は、『退社願』と書かれた書類を社長らしき男に提出した。

「おい、何なんだこれは……五百澤が? 」

「はい、防犯カメラにこの眞實が……」

びっくりしている社長らしき男に追い打ちをかけるかのように、彼は、防犯カメラの畫像

を見せた。

『なんで五百澤…… お前が』

                  *

俺は、五百澤 亞嵐(イオザワ アラン)。30歲で、子二人。妻もいる。

ただのサラリーマンだが、俺には、一つ祕密がある。

實は……『この會社の金を橫領してる』。

「あれ―五百澤―? 」

「……あ、ああ何だ? 」

「ここの書類何處やったっけ? 」

彼は、俺の元幼馴染。

今は、俺と同じサラリーマンである。

「書類……? あぁ……パソコンの下にあったわ。メンゴ」

俺はそう言うと、彼にその書類を受け渡した。

「課長! あれ……課長は? 」

「あぁ……さっき社長室へ行ったが……」

いつもなら行かないはずなのに、別のところへ行った課長に違和感を覺えながらも、仕事を續けていた。

――十七分後――

「諸君。言いたいことがある」

社長は、何故か硬い顏をして、課長とともに、部屋に入ってきた。

「なんですか? 」

輕く聞き返したが、何故か社長の恐ろしい眼光が、こちらへ向いた。

その顏に俺は恐怖を覺え、冷や汗を流した。

「えぇ~本日より退社させていただく者が出てしまった」

「社長の言うとおりだ、こうなった火種は……『犯罪』。この會社の金を橫領した者が

いる」

俺はこの一言で顏色が變わった。

部屋内はザワザワしていたが、俺だけし~んとしていた。

「退社してもらうのは……」

「五百澤! お前だ! 」

『バレちまった……』

意外な犯人だったのか、周りもざわざわしていた。

「お前が? 」

「なんでこんなことを」

そう言われるのもそのはず。

俺は、十年閒この會社で働いていたベテランだったからだ。

不審者を捕まえたり、閒違えを訂正したり……

今この瞬閒、俺はヒーローからヴィランに變わった。


第二話#


俺は、五百澤 翔(イオザワ ショウ)。

父は、五百澤 亜嵐である。

俺が通っている学校は、日費制で、一日に百円払わないといけない。

だが、俺らは、その金を一切払ってはいなかった。

授業料は、日費と同じだが、教材費を考えると、一ヶ月一万円は下らない。

もちろんこれは学校のルールに反しているので、犯罪である。

だが、俺らは、払わずに、もう六ヶ月は払っていない。

「翔! 何処見てんだ? 」

「あ……先生」

こんなふうに心のなかで語っていたら、先生に、注意された。

「『あ……先生』じゃない! 授業中だぞ」

「はーい」

疲れたような返事のあとに、周りから『クスクス』と笑い声が聞こえる」

「wwwwwwwww」

俺を煽るかのように聞こえた、笑い声に俺は敵意を示したが、敵意は何故か冷め、授業に

集中し始めた。

――休み時間――

「校長、翔の事についてどのようなお考えで? 」

「あぁ……そうだったな」

「退学にしたほうがいいのでは? 」

「やはりな……こちらとしてはしんどいが……」